スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1話





はい、予定通り月内に完成の第1話です。
以下、シチュエーションについての補足を少々。

ガルト帝国の猛攻で宇宙における領土の大半を失った連邦軍は、残された最後のファクトリー「オリンポス」にて最後の反攻作戦を計画中です。
ガルトとしてはその態勢が整う前に勝負を決してしまいたいところですが、余りにも急速かつ強引な戦域拡大によって、しばらくは大規模作戦を行う力がありません。
そこで、小規模な奇襲や調略などによって連邦の作戦準備を遅滞させる作戦に出ているわけです。
第1話で行われたハミルトン基地攻撃や、小鳥さんが口にしていた参謀本部への内応の呼びかけなどがその一環ということになります。

以上、現段階でのシチュエーション補足終わり。



ちなみに作中で律子が言っている「(軍学校)初等部生」というのは、亜美や真美くらいの年齢……つまり小学生程度の子どもたちということになりますね。
厳密には、基地には補助スタッフとしてもう少し上の年齢の人たちもいますが、あくまで補助程度であり、基地の運用の大半は訓練込みで律子率いる初等部生が担っていたことになります。
旧来はそれだけ平和な地域だったということです。
そんな人員まで戦闘部隊として編成しなければいけないという、末期レベルの危機的状況から、物語はスタートしています。



……ちなみに「小学生で軍隊……?」などと突っ込んだら負けです。
事務のポリシーは「フィクションに説得力は必要でも、リアリティは無用」ですから。
アイドルたちを戦いに駆り出すための設定は幾らでも捏造しますが、現実世界のルールと照らし合わせて正しいかどうかなんて欠片も気にしちゃいません。
ほら、前シリーズでアイドルは人間とは異なる生物とか言い出すような奴ですから。
人間じゃないから火を噴いてもOK。
小学生でも軍学校に入れるから、動員されて戦っちゃってもOK。
オーライ?
納得いかない人はちょっとこっち来てください。納得いくまで踏まれてあげますから。



戯言はさておき、次はやっぱり2月中目標ということで。
長らく時間のかかりそうな作業が待ってますので、その合間を縫って作ることになるかと思います。
まあ新しくなった動画制作もパターンが掴めたプロセスなので、次は制作にかける時間そのものは短縮できるセオリーです。
というわけで、焦らず気長にお待ちください。



……ああ、もうこんな時間か。
夜勤休んでまで何やってるんでしょう私は。
スポンサーサイト

iSF第4回

どうも、職場からウイルス性胃腸炎を拾ってきて干からびかけた事務です。
……体の中からっぽになりましたよ、真剣に。
まあどうにか体調も持ち直したので、無事アップロードできたわけです。







はい、そういうわけで、iM@S Short Festival 4th開催と相成りまして、今回も一番槍目指して速攻上げさせていただきました。
今回のお題は「地図」です。
まあこれは「なるほどなるほど」と思いつつ話を考えていたんですが……今回は、追加の制限が。



〇最大再生時間:20分
〇最大動画分割数:3本
※前編・中編・後編であわせて二十分です。




( ゚д゚) !



どういうことなの……。
たった20分ぽっちでどう話を作れと……。
前回で言うこと聞かずに50分オーバーの動画を上げる人間が二人出たせいでしょうか。分割数制限もあるあたりきっとにわPのせいですね。

これには事務、大いに困り果てました。
「20分以内? いやーテキストで20KB以内と勘違いしてましたよHAHAHA」と誤魔化してしまおうかと思ったりもしましたが、途中まで書いたら20KBでも収まらなくなったので諦めました。
……なんでしょう、これ以上誤魔化す方針だとしたら20時間以内とかしかないんでしょうか。
萌えもん全編より長いよママン。

まあどうにかこうにか、書き上げたからこそアップしているわけですが。
「作ってないよ」宣言している話師PやにわPから無責任な応援されたり、明らかに期限ギリギリまで粘る気満々なあかたろPを横目にしつつ。
時間制限きついよーとIRCで愚痴ったりもしてみましたが、「短編でも20分以内は厳しいよね」と反応が。
あなたいつも20分以内できっちり話作ってるじゃないですか愛識P。
……色んな意味で涙目になりつつ、頑張って作りました。



えー、本当に愚痴ばっかなのもアレですので、そろそろ内容紹介に移ります。

前回、前々回と全体の中の1フレーズを思いついてからそれに合わせて構想を練るという作り方をしたわけですが、今回はさらにもうちょっと変則的な制作の仕方です。
今回は、タイトルを真っ先に決めました。
決めました、というか、思いつきました。
この「ぼくらの未来地図」というタイトルが何の脈絡もなく浮かび、「あれ、自分何かこんなタイトルどこかで見たっけ……?」などと思ったりしました。
特に何かになぞらえたわけではない(多分)ので、中身はオリジナルです。

今回は「地図」というお題を消化しつつ、「未来」に関しても二種類の使い方をしています。
ひとつは律子の考えた「今、ここから続いている未来」。
もうひとつは、最後に出てくる人物が未来視している、「過去から続いてきた未来(今)」。
うん、自分なりにはイメージできてるんですけど、すごく伝わらない予感がします。
まあ簡単に言うと、観測地点の違いってことです。
ここから見れば、未来はやっぱり未来で。
未来から見ても、過去のある地点からここを思い描けば、やっぱりここはひとつの未来なんでしょう。
言葉遊びではあるんですが、「未来」って言葉は、誰が発するかによってちょっとイメージも変わりますよね。

それから、泣く泣く削ったシーンも幾つかあります。
メール着信音が春香さんヴォイスなのがその名残で、本当はあれの導入に関する小話も入っていたんです。
アイドルのシステムヴォイス化に一番喜んだのが小鳥さんで、自分のパソコンにも入れてと律子に頼むのですが、小鳥さんのパソコンが古すぎて導入できず、逆恨みみたいな形で仕事の手伝いを増やされてしまった……という具合で冒頭に繋げる予定だったのです。
……まあその小話ひとつで5KBほどに達したので、さくっと丸ごと削りました。
削っても問題ない話ではあるのですが……いや、自分がどれだけ普段話を挟みまくるかというのがよく分かります。



というわけで、「ぼくらの未来地図」制作秘話?でした。
とりあえずタスクはひとつ消化しましたが、まだまだやりたいことはたくさんです。
まず、次はアイマスライトの第1話かな。

タスク山積中

事務です。タイトルどおりです。

とりあえず1月中はこれまでiSF第4回に向けた動画を作っておりました。
今回のお題は「地図」ということで、はてさてどう消化するか……と悩んでいたわけです。
まあ現在は完成して、公開を待つだけなんですけどね。
23日の0時、開幕と同時に一番槍で公開予定してます。
……なんか今回はにわPや話師Pも作ってないだの難航してるだの聞いているので、ひょっとしたら初日公開は私だけになるかもしれません。
「ジェットストリームアタックを仕掛けるぞ!」と叫んで後ろを振り返ったら誰もいなかったみたいな状況になりそうです。そうなったら泣きます。

とりあえず差し迫った作業はこれで終了なのですが、アイマスライトのほうも月一更新くらいはしたいので、こちらも今月中には第1話を。

それから最近全く動きのないReconstruct THE iDOL M@STER(私的略称:りこます)のほうも、七転八倒してどうにかプロットを組み上げたので、そろそろシナリオ執筆に入りたいところです。
こちらは、主人公である雪歩、そして千早の話と、かなり時間軸的には終盤に差し掛かったくらいの状態を描いてきましたが、今度は一気に雪歩のデビュー直後まで戻ります。
今までなんだか悟ったような雪歩ばっかりでしたが、次はいっぱいいっぱいな新人の姿と、初めての「仲間」との触れ合いが中心となる予定です。

……まあプロットの時点で10KBという恐ろしい状態ですので、実際に執筆したらどれほどの長さになるのか、自分でも見当がつきません。50KBじゃ済むまいな……。
参考までに、千早編のあれは42KBです。大雑把に考えて、大体動画化するとその1.5倍[分]かかるようなので、次は合計1時間じゃ利かないのはほぼ確実です。
……流石に前後編じゃ済まないと思うので、3分割or4分割程度にはなると思われます。というか完全にこれ中編レベルの長さですねぇ……。
いやしかし、「2時間半は短編」という偉大な言葉を発した先人もいることですし、あくまでここは開き直って「短編」と言い切ってしまいましょう。
……いやすいません、長いですけどちゃんと頑張るのでよろしくお願いします。ただちょっとプロット構成の段階から頑張りすぎただけですので、中身もそれに相応しい程度には力入れて書きたいと思います。

なにせ次はやよい編の予定ですから。
やよいですよ、やよい。
私の御主人様フェイバリット・アイドルですから力も入ろうというものです。
でもやよいはその内面に踏み込むのは大変に難しく……そのためにこれまでプロットを組むのも難航してきましたからね。
明るく前向きで、貧乏だけどめげない。そういうアイドルとして彼女を捉えるのは容易いのですが、果たしてプロデューサーや仲間という視点から見ても同じものしか見えないものなのか?
裏表がないという以上に、彼女の素顔を捉えきれない、そんな気がするのです。
ある意味この話は、アイドルのファンとしてではなく、プロデューサーとしてやよいの姿に迫ろうという挑戦でもあります。まさに、シリーズ名どおりに。
まだまだ完成の見通しは立ちませんが、どうか気長にお待ちいただきたく思います。
……まあ本当に2時間半になるかもしれませんけど。

2010年来る

あけましておめでとうございます。2010年が始まりました。
なんだかあっという間の1年間だった気もしますね。
去年の今頃は、まだ萌えもんプロデュースもナナシマ編に入ったばかりだったんだなぁ……。
最近は少々手を広げすぎのきらいはありますが、基本的にモチベーションは細く長く続くタイプですので、視聴者の皆様には気長にお待ちいただければと思います。



……いえ、今日は長文は特にないです。
なにぶん大晦日から三が日まで全部出勤ですし、明日は午前4時起きですもので。
オフ会の強行軍からしっかり休みも取っていませんし、ここらでしっかり寝ておこうかと思います。
それでは皆様、今年もよろしくお願い致します。



 追伸
オフレポにコメントいただきましたが……すいません、喋ってたときも後半アルコール入ってかなり適当言ってましたし、レポを書いてるときに至ってはリビングデッドそのものな脳みそでしたので、相当事務の都合のいいように脳内変換されているかと思います。
まあちょっと真面目に考えたいなーと前々から思っていた件ではありましたので、また時間のあるときに、IRCにてよろしくお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。