スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萌えもんプロデュース編集後記:エピソード編その5

しばらく夜勤が続いていました、事務です。なかなか更新できませんね。
まあ編集後記を見に来た人にいつまでも八九寺のぱんつを見せ付けるのもどうかと思うので、編集後記再開と参りましょう。





 <第十話 アイドルたちの夏休みB>

伏線の回。
それも、これから先、長く長く引っ張ることになる伏線である。
前半は美希とのやり取り。
重要な事実。
この回を作るよりも前に、アイマスSPの制作は発表されていた。
ということは、美希の961プロ移籍の話も、もう発表されていたということだ。
結論から言うと、自分はこの移籍というイベントに強く反発していた。それは箱時代から美希に向き合ってきたPたちに対する裏切りだと思うし、少なくとも自分は移籍に納得の行く理由が思いつかなかったのである。
ならば、だからこそ、961プロの設定を使いつつ、自分なりに納得の行く形で、美希を表現してみたいと思ったのだ。
実のところ、チャンピオンが961プロに決まったのは、このタイミングである。それ以前は、別の事務所のPが相手になるだろうという、漠然とした考えしかなかった。
妙なところで、妙なタイミングで、961プロが現れたものだと思う。
というわけで、ここからの美希は、やや美希らしくない、思いつめた感じになっていく。
それは多分、美希が自分と向き合うという意味と、私(事務)が美希と向き合うという、両方の意味を持っていた作業なのだと思う。
後半はあずささんとのやり取り。
恋をしたならば、それだけで幸せ。
ここで彼女が伝えたかったのは、ただそれだけのことである。
しかし、後に示唆する彼女の過去を鑑みるに、その台詞はどれだけの想いを越えれば口にできるのだろうかと、静かに思う。





 <第十話 アイドルたちの夏休みC>

ここでチェス盤をひっくり返すぜ、というわけではないが、逆転させるお話。
前半は、告白して振られるシーン。
この時点では、本当にそれだけ。
取りようによっては雪歩に遠慮しているだけにも見える、何だか言い訳がましい断り方。
まあ結局のところ、言い訳でもなんでもなく、ただ特定の誰かに入れ込むのを回避したかったということなのだが。
むしろ書いていた本人が驚いたのは、千早の怒り方のほうである。
千早がPにタメ口を利いたのは、ここが最初で最後。
きっと、春香さんが思っているよりも、千早が抱いている春香さんへの親愛の情は、深かったのだろう。
後半は伊織の追い討ち兼、励まし。
真に頼まれて服を買いに出たら、Pが青白い顔をしていたので、何となく事情を察した伊織さん。
活を入れはしても、慰めたりはしないあたりが伊織さん。
「勝手に人の気持ちを決めないでほしいわ!」が彼女の在り様を語っている。
真KYはまあ、話が重みで沈まないように弾けていただいた。
でも彼女も、雪歩の変化とかには気付いているはずで、伊織にもそういう話をしているようだ。
だからこそ伊織は「雪歩のフォローをしてあげられない」ことを(心の中で)謝っていたわけだが。
そして伊織へのプレゼントに合わせて、次への布石。
問題となる回がやってくる。





 <第十話 アイドルたちの夏休みD>

このシリーズの方向が確定した、自分の中ではシリーズ中一、二を争う重要な回。
前半は、告白の前の大事なけじめ。
自分のことを一心に好いてくれる相手を突き放すのは、どんな気持ちだろう。
多分、Pは詰られたりするならまだよし、もしかしたら泣かせてしまうかもしれないと思ったのではないだろうか。
しかし雪歩は何もかも既に覚悟が決まっていた。
雪歩は春香さんの(本当の本当の)気持ちを理解していたし、Pの春香さんへの気持ちを理解していたし、それでも自分は自分の気持ちを貫くことを、心に決めていたのである。
だから、何もかも飲み込んでの、あの話になるわけである。
誰かに恋することは、幸せなこと。
そして後半は、春香さんの第一歩。
正直、語るようなことは、あまりない。
このシーンで重要な点についてはシリーズの最後のほうで語られているし、それ以外は見たままのお話だ。
あえて語るようなことがあるとすれば、春香さんの進化についてだろう。
月の石で進化するのは萌えもんの独自設定による。時間の概念がないからね。
で、問題なのは、石を渡された春香さんがあっさりと進化したこと。そして種族がブラッキーだったこと。
どちらも後に理由が判明する伏線となっている。
ブラッキー=悪の春香さんというのは、閣下ネタでカバーした、最後まで響く布石だ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。