スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6話







はい、制作途中でおいバンナムふざけんなコンチクショウという事態もありましたが、第6話完成です。
……かつてここまでユーザーの士気を奪うTGSが過去にあったでしょうか。
とりあえず事務なりに色々覚悟は決まりつつありますが、こちらは平常営業で参りましょう。



Aパート:夢子さんは壊れ(性的な意味で)
Bパート:律っちゃんは壊れ(尻穴的な意味で)
Cパート:小鳥さんは壊れ(鬼神的な意味で)

……これで説明終了でもいいんですが、流石にもうちょっと真面目にやります。

今回の戦闘は、律子ら第765大隊の視点を離れ、音無小鳥大佐と、連邦から離反した桜井夢子中尉の戦いを描いています。
夢子さんが色々と壊れていますが、きっと原作でも内心はこんな感じだったに違いないと思うので問題ありません、多分。

Bパートで第765大隊の面々がやっている、機種転換訓練というのは、実際の航空機パイロットも行っている訓練ですね。
機種が異なると操縦方法も変わってきますし、同機種でも微妙に癖が違うために、プロの戦闘機乗りの人たちは、機体を変えるごとにこの訓練を受けることになります。
同機種なら慣らしで済みますが、異なる機種に乗り換えると、場合によっては一年近くかかることもあるそうな。
この世界では、HUも航空機もかなりの互換性を持っているという設定ですので、作中のようにある程度動かせることになっています。

敵を知る、ということでガルト軍三天王についても解説しています。
以前も書いたと思いますが、名前の元ネタは西尾維新作「人間シリーズ」に登場する殺人鬼たちのあだ名ですね。
それらとは別の“異名”のほうですが、こちらは事務が考えました。
……いえ、別に「これカッコよくね!?」とか思って付けたわけではありません。極力厨二臭くなるよう頑張って見たつもりです。相反する語を用いたりとかね。
さらに、新登場の名前、“寸鉄殺人(ペリルポイント)”もまた、殺人鬼の名前です。しかし、こちらは原作同様三天王には含まれません。
原作においては登場すらせず、ただ「もっとも有名な、零崎一賊最強の男」とだけ言われています。それに合わせ、本シリーズにおいても、三天王とは距離を置いた存在でありながら、圧倒的戦力を持つという設定になりました。

そして今度は自軍のチートキャラ一人目……音無小鳥。
彼女の異名“円卓の鬼神”とは、エースコンバットZEROに登場する主人公であり、恐らくはエースコンバット史上最強の格闘戦技量を持つパイロットのことです。
04の主人公“リボン付きの死神”とどちらが強いかという論争は絶えませんが、事務的には「殲滅力のメビウス」「格闘戦のガルム」というイメージですね。
えー、アイドルコンバットに詳しい方なら知っておられるかもしれませんが、「小鳥さん=円卓の鬼神」という設定は、PixyP制作の 「エースコンバットZERO」ガルム1を小鳥さんにしてみた という動画をベリィリスペクトした設定です。あのシリーズがなければ、この設定はなかったと思います。

というわけでリスペクト先ご紹介。


ただ、小鳥さんが最強であったのは少数同士の戦いが基本であった十五年前の話で、小隊システムが導入された現在の戦争では、その戦闘力はやや埋没してしまっています。
かといって弱いかというと、かつての戦争をくぐり抜けた戦術眼だけでも圧倒的に強いわけですが。

そして今回より、そんな小鳥さんがもっとも強く、輝いていた時代にスポットを当てた、SS版iM@S LIGHTが展開されています。
昔の小鳥さんや、今後動画でも登場する過去のエースパイロットの戦い、そして動画版に繋がる数々の設定を散りばめた、前日譚となっております。これもひとつの本編であり、見なければ明かされない話も出てくると思いますので、是非一読お願いしますね。

リンク:SS版iM@S LIGHT - Borderless War -



次回、第7話は再び第765大隊の戦いに戻ります。
そして、とうとう奴が──────。

SS版第1話

今回からSS版も同時展開ということになりますので、できれば併せてお読みください。
動画での謎も、こちらである程度ネタ晴らしする予定でいます。

なお、外伝というわけではなく、もうひとつの本編という扱いになります。
動画化できないのでSSという形は取りますが、本来は前日譚として語るべき内容ですからね。

では第1話です、どうぞ。



第1話「初陣」

ふと

チェルノブイリ市の観光に行きたくなりました。
いやまあ、元々廃墟とかの無常観は好きなんですが。

画像を集めたサイトとか、テレビでも見たことがありますが、本当に人の住んでいた形跡がそのまま残ってるんですね。
一夜にして崩壊し、取るものも取らず逃げ出さずにはいられなかった街。
でも本当に悲惨だったのは、その後、もうそこはかつての街並みを取り戻すことはできないという事実。
終わってしまったもの……終わらされてしまったものは、幾ら修復しようとしても、元には戻せないのですね。



私が見る街並みは、既に廃墟のようです。
何もかもが滅茶苦茶になっているのに、爆発と炎上は未だに収まる気配を見せません。

逃げ出す人がいます。
力尽きた人がいます。
安全な場所で、眺めている人がいます。
火事場泥棒を働く人がいます。
それらを呆然と眺める私がいます。

この街が好きでした。
軽い気持ちではあっても、ここに居たいと思い、自分で住み始めた街です。
人付き合いが苦手な私は、そのほとんどを眺め、空気を味わっているばかりでしたが、それでも日々楽しかったのです。
この街に居て、小さな小さな仕事でも、この街のために貢献できるはずと思いながら続けてきました。
全部、自分の意思で決めたことです。
だけど、ここに居られなかったら、そんな私にはなれなかった。

街の終わりを見ています。
大好きだった街が、壊れていきます。
私の好きだった街も、私の好きだった人も、皆変わってしまいました。
例え爆発が収まっても、火災が収まっても、もう元には戻らないのですね。



私は、無力でした。

一眠りして

アイマスの夢を見ました。

亜美真美と、揃ってどこかにお出かけする夢でした。

振り返ると、律っちゃんが苦笑しながら双子を見守っていました。

他のアイドルも、いつもどおり、好き勝手遊んでいました。

楽しい夢でした。



本当、アイマス好きだったんだな。
仕事行きたくない。

しばらく、愚痴ばっかのブログになってしまうやもしれません。

ありがとうアイマス、さようならアイマス

えー、普段動画の報告くらいしかしてない事務がブログ書いてるって時点で内容は予想できると思うのですが。
アイマス2、情報を一通り収集し終えて半笑いの状態であります。

いや、笑えませんけどね。

ジュピター……はまだいい。というか、自分はどうでもいいです。
流石にNTRがあったらそのときは修羅に目覚めてしまうと思いますが、正直男が出ても「そっかー」くらいにしか思ってません。
……まあ心底誰得の展開だと思ったりはしますが。

竜宮小町のプロデュース不可は痛い、というか致命的過ぎる。
いくら旧961メンバーが全員プロデュース可能になったとはいえ、その代わりが初代メンバーのリストラではあまりにも釣り合いません。
我々ユーザーの側より、一生懸命アイマスという作品を盛り立ててくれた声優さんたちが気の毒です。

……なんか書いててどんどんテンション下がってきてるのが分かりますが、続けます。

今回の発表を聞いて最初に感じたのは、「ああ、アイマス終わったんだな」ということでした。
事務にとっては、アイマスというのは「制作陣×声優陣×ユーザー」の三者が作り上げてきたものだと認識していましたが、2の設定はあまりにもそこから離れすぎている。
インタビューで色々言い訳もされていますが、プロデュースが可能かどうかというのはそれだけで天地の差があることでしょう。
ニコマスを見て影響を受けたというのならば、SP発売の頃の美希についての評判を、果たしてひとつも耳にすることはなかったのでしょうか?

正直だらだら書くと延々愚痴になってしまいそうなので、ここらでやめておきます。
でもかなりショックです。亜美真美の成長に喜んでたのが嘘のような気分。

えー、なんかこのまま終わると引退宣言みたいなので、ちゃんと申し上げておきます。
動画は作り続けます。少なくとも、今の事務にとっては生き甲斐ですので。
ただ、アイドルマスター2に関しては……絶対に買うつもりでしたが、ちょっと揺らいできました。
多分買うかな……程度の気分ですね。
買っても、ゲームとして遊ぶだけで、自分の中の「アイドルマスター」として受け入れられるかどうかは別問題になりそうです。
全くフォローがないのならば、制作陣はアイドルマスターを理解していないとしか思えない。
公式にだって、やっていいことと悪いことはあるのです。



本当は、これらはみんなSPの美希移籍のときにも思ったこと。
それでも今までPを続けているのは、SPがナンバリングタイトルではなく、あくまでリメイク作であり、番外として扱われる(あるいは個人的にでも内心なかったことにできる)と思っていたからです。
正式なナンバリングタイトルでそういう所業をするのは、もう4人のプロデューサーたちは必要ないということでしょうか?
ぐだぐだとした言い訳ではなく、彼女ら4人をただプロデュースしたいと思っていた人たちに対し、顔向けできるのでしょうか。

今日の気持ちを一言で表すなら、ただ、残念です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。